【Excel】入力したいデータをリストから選んで作業を効率化する方法

エクセルで表を作成する際に、予め入力する内容が決まっていることもあると思います。

例えば通勤手段をまとめる表などは、候補がある程度限られます。

このような候補が限られる場合は「リスト」機能を使用してその候補を入力しておけば、作業をより効率的に進めることができます。

 

mittsu
今回はリストにデータを登録して、入力候補として簡単に引き出せる方法を説明したいと思います。

 

リストを使って候補を引き出す方法

候補を設定する

データを入力したい範囲を選択する。

「データ」→「データの入力規則」を選択する。

「データの入力規則」を選択する。

「設定」→「入力値の種類」→「リスト」を選択する。

「元の値」に候補を入力し、「OK」を押す。

※ 入力する際にはカンマ「,」を使用して文字と文字を区切る必要があります。

候補の引き出し方

セルの横の「▼」マークをクリックする。

この候補の中からクリックして選択するか、「Ait」+「↓」キーを押してリストから選択することで入力できます。

※ 候補を入力する際に選択した範囲以外のセルを選択しても「▼」は表示されません。

以上がリストに予め候補を登録し、入力する際にリストから候補を引き出す方法です。

表の作成ではわりかし同じ内容が繰りすことが多いと思うので、この方法はとてもおすすめです。

特に大きい表などでは作業のしやすさがより顕著に表れるはずです。

また列だけではなく行にもこの方法は使用することができるので、ぜひ試してみてください。