【Excel】日本語入力と英数字入力をセルごとに自動切り替えする方法

セルごとに入力する内容が決まっていたとして、日本語入力と英数字入力を切り替える必要がある場合は「IME」の設定をお勧めします。

例えばA列に番号、B列に名前、C列に電話番号など入力をその都度切り替える必要がある場合などにこの設定は便利です。

 

mittsu
そこで今回は日本語入力と英数字入力を列ごとに設定できる「IME」について説明したいと思います。

 

「IME」とは?

「IME」とは「Input Method Editor」の略称で、パソコンで文字を入力する際に「ひらがな」や「カタカナ」、「ローマ字」などに変換するシステムです。

入力変換は基本的にキーボードで操作することが多いと思いますが、パソコン画面の右下に存在する「あ」または「A」などの文字を右クリックするとオプションが表示されます。

この入力変更をエクセルの列ごとに設定することで入力変換をその都度行わなくて済むので、効率的に作業ができます。

列ごとに「IME」を変更する方法

IMEの変更を設定したいセル範囲を選択する。

「データ」→「データの入力規則」を選択する。

「データの入力規則」を選択する。

「日本語入力」→「オフ(英語モード)」をせんたくする。

※自分の必要に応じて変更をしてください。

設定を行ったセルを選択すると、IMEが自動的に変更される。

以上がセルごとに日本語入力と英数字入力を自動で切り替える方法です。

今回は列で試しましたが、行ごとに「IME」の変更を設定することも可能なので、ぜひ試してみてください。