【Excel】行や列のセルをまとめて簡単に選択する方法

エクセルでの表作成において、行や列のセルをまとめて簡単に選択することができれば、コピーして移動させることも楽になります。

特に大きい表などではドラッグして選択するだけでも手間がかかるため、より簡単にセルを選択する方法が求められます。

 

mittsu
そこで今回は行や列のセルをまとめて簡単に選択する方法を説明したいと思います。

 

ワークシートの行・列・全体の選択

まず最初にワークシートの行・列・全体のセルをまとめて選択する方法について説明します。

行番号をクリックして行全体を選択できる

列名をクリックして列全体を選択できる

左上の「全セル選択」をクリック

左上の角にある「全セル選択」ボタンをクリックするとワークシート全体を選択することができます。

アクティブセルを含んだ行・列の選択

アクティブセルを含んだ行・列の選択方法はワークシートの行・列を選択したときと同じように行全体や列全体を選択できます。

メリットとして、現在選択しているセルの行全体や列全体を移動させたいときに利用できます。

「Ctrl」+「space」キーで列をまとめて選択。

「Shift」+「space」キーで行をまとめて選択。

※ この操作を行うためには半角英数モードである必要があります。

表内の行・列・全体の選択

ここで紹介する表内の行や列の選択方法で注意するべき点として、アクティブセル以降の列しかまとめて選択できない点です。

なので、あらかじめ目的とするセルを決めてから選択する必要があります。

「Shift」+「下枠ダブルクリック」で表内の列をまとめて選択。

「Shift」キーを押しながらアクティブセルの下枠をダブルクリックすると、表内の列をまとめて選択することができます。

「Shift」+「横枠ダブルクリック」で表内の行をまとめて選択。

「Shift」キーを押しながらアクティブセルの横枠をダブルクリックすると、表内の行をまとめて選択することができます。

「Ctrl」+「*」キーで表全体を選択。

※ テンキーがない場合は「Ctrl」+「Shift」+「:」キーを選択することで表全体をまとめて選択することができます。

アクティブセルを含み、データが連続して入力されている四角形のセル範囲のことを「アクティブセル領域」とよびます。

このアクティブセル領域は「Ctrl」+「A」キーでも表示させることができます。

「Ctrl」+「A」キーの場合

「Shift」キーで選択範囲を拡大

選択した範囲が必要な範囲より一行少なかったり、一列少なかったりした場合には「Shift」キー+「矢印キー」で解決できます。

下の図のように必要な範囲より一列少なかった場合は「Shift」+「→」キーで選択中の範囲を一列増やすことができます。

また同じようにして選択範囲を一行増やすこともでき、一行減らすこともできます。

以上が行・列・全体のセルをまとめて選択する方法です。ドラッグして選択することもできますが、紹介した方法はキーボードから手を放さずに作業ができるのでお勧めです。

一度覚えてしまえば簡単なのでぜひ試してみてください。