【Excel・エクセル】オートフィルを使ったコピーの仕方

今までオートコンプリートやリストなどを使ってセルをコピーする方法を説明してきました。

オートフィルは最も簡単なセルのコピーの仕方の1つで、Excelで作業を行うのなら必ず覚えておきたい操作です。

オートフィルは注意しなければいけない点があるので、それを踏まえて説明していきたいと思います。

 

オートフィルの使い方

オートフィルはアクティブセルの右下に表示される■にカーソルを合わせると✚のマークが表示されるので、ドラッグすることでコピー元のセルの内容をコピーすることができます。

ちなみにこの■には名称があり、「フィルハンドル」と呼びます。

数字だけor文字だけの場合

数字だけや文字だけの場合はコピー元のセルの内容がそのままコピー先に反映されます。

① コピーしたいセルを選択する。

フィルハンドルを必要なセルまでドラッグする。

数字と文字が合わさっている場合

数字と文字の両方が含まれている場合、数字部分だけが1つずつ増加していく連続データになります。

コピーしたいセルを選択する。

フィルハンドルを必要なセルまでドラッグする。

上記の図のようにオートフィルのコピーのされ方を知っていないと間違った値となってしまします。

このようになってしまった場合は次の方法を使えば連続データにならずに済みます。

右下のスマートタグを選択する。

セルのコピーを選択する。

これで連続データから通常のコピーに変更されました。

複数セルをまとめてコピーする場合

複数のセルをコピーする最初に複数のセルを選択する必要があります。

コピーしたいセルを選択する。

フィルハンドルを必要なセルまでドラッグする。

またオートフィルは列だけではなく行にも使用することができます。

ダブルクリックでオートフィル

オートフィルはとても便利な機能ではありますが、表が大きいとドラッグ中にスクロールしなければいけない手間がかかることがあります。

そこでフィルハンドルをダブルクリックすると、表の端までオートフィルされます。

コピーしたいセルを選択する。

フィルハンドルをダブルクリックする。

※ 表に隙間がある場合などはオートフィルが途中で止まってしまうので注意が必要です。