【Excel・エクセル】先頭の行や列を固定する方法

エクセルで表を作成する際に、1画面で収まりきらない大きな表になってしまうことがあると思います。

そのような大きな表はスクロールした際に1行目や1列目が隠れてしまい、どの欄に入力すべきか分からなくなってしまう可能性があります。

1行目や1列目が固定できれば先頭に戻って再確認する手間が省け、時間の短縮につながります。

 

mittsu
今回は先頭の行や列を固定する方法について説明したいと思います。

 

1行目を固定する方法

まず最初に確認のためにエクセルにおける行と列の説明をしたいと思います。

エクセルではセルの横の並びを行、縦の並びを列とよびます。

基本的なことかもしれませんが、列と行に関してはしっかりと理解しておかないといけません。

それでは確認のほうは程々にして1行目の固定方法について説明したいと思います。

「表示タブ」→「ウィンドウ枠の固定」を選択する。

「先行行の固定」を選択する。

これでスクロールしても1行目は動きません。

1列目を固定する方法

「ウィンドウ枠の固定」を選択するところまでは1行目の固定方法と同様です。

「先頭列の固定」を選択する。

これで1列目は固定されました。

また固定された行や列は同じウィンドウ枠の固定の欄にある「ウィンドウ枠固定の解除」を選択すれば、固定された行や列は解除できます。

複数の行や列を固定したい場合

1行目や1列目だけではなく、複数の行や列を固定したい場合は次の方法を試してみてください。

この方法も表示タブにある「ウィンドウ枠の固定」までは前述した2つの方法と同様です。

今回は試しに1行目、2行目と1列目、2列目を固定してみます。

1行目、2行目と1列目、2列目を固定したいのでC3セルを選択する。

「ウィンドウ枠の固定」を選択する。

これでスクロールしても複数の行と列が固定されています。

以上が1行目と1列目の固定の仕方です。

複数の行や列を固定することもできるので、見出しの数が多い場合でも問題なく固定することができます。

大きな表になりそうな場合はぜひ先頭の行や列の固定をためしてみてください。