【Excel・エクセル】001や1.00のように「0」を表示させる方法

エクセルで数値を入力する際に、「001」や「1.00」のように数字の前や小数点以降に「0」を付けたい場合があると思います。

けれども何も考えずに「001」や「1.00」と入力すると、「0」が消えてしまいます。

また、「1-1」と入力した場合には「1月1日」と入力されてしまいます。

この場合も「001」や「100」と同様の方法で簡単に解決することができます。

 

mittsu
そこで今回は「001」や「1.00」のように表示する方法を説明したいと思います。

 

「0」を表示させる方法

「0」が消える原因

まずエクセルの基本として、セルにデータを入力する際にエクセルはは入力されたデータの形式を区別します。

これはどういうことかと言うと、エクセルでは「文字列」と「数字列」を別の種類のデータとして取り扱っているからです。

よくわかる例として、文字列をセルに入力すると左揃えになり、数字列を入力すると右揃えに入力されます。

  

なので、「001」は数字列として取り扱われるので「1」と表示されてしまいます。

また「1-1」はエクセルでは「日付」として取り扱ってしまうため、「1月1日」と表示されてしまいます。

これらを解決するためにいくつかの方法を次に説明します。

解決方法

アポストロフィーを付ける方法

「001」や「1.00」を最も簡単に文字列のデータとして保存させるためにはアポストロフィー( ‘ )を用いる必要があります。

数字列の先頭にアポストロフィー( ‘ )を付けることで、数字列ではなく文字列として入力することが可能です。

入力後に現れる左上の緑色の三角形はエラーを意味するものですが、このセルは文字列であると示しているだけなので、この三角形は印刷されません。

複数セルを文字列に変更してから入力する方法

文字列に変更したいセル範囲を選択する。

「ホーム」→「数値」→四角い枠の「▼」を選択する。

「文字列」を選択する。

選択した範囲が文字列形式に変更できる。

 

数字列データのまま入力する方法

入力したいセル範囲を選択する。

「ホーム」→「数値」→右下の「↘を選択する。

「表示形式」→「ユーザー定義」を選択する。

「種類」に「000」や「0.00」と入力し、「OK」を押す。

選択した範囲に数字のまま入力できる。

以上が「001」や「1.00」と「0」を表示させたまま入力する方法です。

一番簡単な方法はアポストロフィーを付けることですが、複数のセルを同様に標記したい場合などはセルをまとめて選択してから文字列形式に変更する方法がおすすめです。

設定の仕方は簡単なので、ぜひ試してみてください。