【Word・ワード】文字を入力すると次の文字が消える理由は?

Wordで文字を入力して際に「次の文字が消えてしまった」という経験はありませんか?

その現象が起きると今までは普通に文字が打てたのに、気づかないうちに文字が消えて文章が崩れてしまうことがあります。

これにはとある簡単な原因があります。

 

mittsu
今回はその解決方法について説明していきたいと思います。

 

問題点

① まず最初にどのような問題が起きているのかを見ていきましょう。

 

② 本来なら次のように正しく入力されるはずです。

 

③ しかし、赤い矢印のところに「多くの方へ」と入力すると、下の画像のように元からある「伝えること」の文字が消えてしまったことが分かります。

 

原因

① 先ほどのように文字が消えてしまう原因は「Word」の機能である「上書きモード」が原因です。

  • この機能は入力した文字が元々ある文字を上書きしてしまうため、元の文字が消えてしまいます。

 

②それに対して、デフォルトの場合は「挿入モード」になっており、カーソルを置いた場所に文字を入力するとそこから追加されていきます。

 

解決方法

  • この「上書きモード」と「挿入モード」はとあるキーボードのキーで切り替えることができます。それが「Insert」キーです。
  • キーボードの配置によって「Insert」の場所が変わったりしますが、ノートパソコンだと右上にあることが多いです。

 

画面で確認する方法

「Word」を開いた状態で「上書きモード」と「挿入モード」のどちらを今選択しているか確認する方法があります。

① 「Word」の下にある「ステータスバー」にカーソルを移動する

 

② マウスで右クリックをし、「ステータスバーのユーザー設定」を開く

③ 「上書き入力」の項目に左クリックでチェック(✓)を入れる。

 

④ 「挿入モード」or「上書きモード」が表示され、画面で確認できます。

 

まとめ

以上が「文字を入力した際に次の文字が消えてしまう」問題の解消法です。「Insert」キーを押すだけで変更できるので、押し間違えのないようにご注意ください。