ConoHa Wingの初期プラグインは必要なの?

レンタルサーバーでConoHa Wingを使っている方は初期状態で入っているプラグインをご存じでしょうか?

「コントロールパネルプラグイン」「自動キャッシュクリア」の2つのプラグインがあり、どちらもConoHa Wing独自のプラグインです。

初期から入っていると聞くとあまり良い印象を持てない方がいるかもしれません。

 

you
初期で入ってるプラグインって必要なの?

 

mittsu
今回はこの初期プラグインに関して説明します。

 

 プラグインの特徴

ConoHa wingではWordPressの管理画面上で設定ができる独自のプラグインを提供しています。

WordPressの管理画面上で完結するため、設定を行うだけのために別のタブに移動しなくて済むというメリットがあります。

「コントロールパネルプラグイン」「自動キャッシュクリア」の2つのプラグインがあります。

コントロールパネルプラグイン

  • ConoHa Wingのコントロールパネルを表示できる。

 

  • ConoHa Wingサーバー上で行うwebに関する設定をWordPressの管理画面で行うことができる。
    ・高速化設定
    ・セキュリティ設定
    ・ログイン設定
    ・コメント制限
    ・海外アクセス設定
    ・Webフォント設定

自動キャッシュクリアプラグイン

WordPressで記事を投稿した際に、ConoHa Wingサーバー上のコンテンツキャッシュを自動で削除してくれるプラグインです。

 

  • 間違って削除してしまった場合

「コントロールパネルプラグイン」「自動キャッシュクリア」は削除してしまった場合でもConoHa Wingのコントロールパネル上から簡単にインストールできます。

「サイト管理」→「サイト設定」からインストールできます。

 

このプラグインは必要なの?

プラグインの数が増えすぎるとサイトが重くなったり、管理が大変になることでセキュリティー面に影響がでる可能性もあります。

その結果、ユーザビリティの低下にも繋がります。

ほとんどの人ができることならプラグインの数を少なくしたいと考えているはずです。

そこで2つのプラグインのメリットとデメリットから使用するかどうかの判断をしてみてください。

メリット

  • タブを切り替えずにWordPress管理画面上だけで設定が完結する。
  • キャッシュクリアを自動で行ってくれるので手動で行わなくて済む。

デメリット

  • プラグインの数が増える
  • 一度設定を行うとキャッシュクリア以外の設定はあまり行わないことが多い。

実際に使ってみるとコントロールパネルプラグインに関してはあまり恩恵を感じないかもしれません。

その理由として、コントロールパネル上の設定は頻繁に変更するほどではないからです。

また、ConoHa Wingのログイン画面なら検索エンジンのタブに固定しておけば良いと思います。

自動キャッシュクリアプラグインに関しては入れておくと便利なので、入れておいてもいいと思います。